Learning of Haguro

羽黒高校の学び ②

やる気がわきでる教育プログラム「7つの習慣J®」

「7つの習慣J®」とは

生きていく上で大切な“やる気”と“自主性”を学ぶ。

世界的ベストセラー『7つの習慣®』をベースに、日本人向けに開発された教育プログラムです。
山形県では、本校だけが導入しています。
1年間の授業で学んだことを、3年間の高校生活の中で、気づき、決意、チャレンジを繰り返し、
継続することで習慣化を図り、なりたい自分を探します。

「7つの習慣®」および「7つの習慣J®」は、フランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。 (「7つの習慣®」に興味のある方は上記の書籍(公式)もご覧ください。)

3年間を通して学び、身につけます。

impressions

7つの習慣J®で学んだこと

生徒の感想①

「7つの習慣J®」を学んだことを通して、今まで自分が思っていたことや考えていたこと、その小ささが分かりました。自分の世界はとても狭くて、何の面白みもなかったことに気がつきました。
まず、自分一人ではなく、仲間の意見も大切なのだということ。人にはそれぞれの意見や考え方があって、それを受け入れる心の大きさが大切なのだということを学びました。
常に自分が正しいなんてことは絶対にないのだから、周囲と協力していかなければダメなのだと感じました。
「なりたい自分」というのは心の中にあって、その自分になるためには、まわりの仲間の力も重要なのだと分かりました。かなえたい夢も、自分一人では叶えられないこと。大切な人や友だちなどに支えられ、助け合いながら未来の自分へと繋げていきたいです。
私がこの授業で学んだことはたくさんありますが、それを使わなければ意味がありません。ひとつひとつ活用して、幸せな未来を作っていきたいと思います。

生徒の感想③

「7つの習慣J®」の授業では、感想を皆で共有しコミュニケーションを取ることで、自分とは違う観点で見ている人がいることを知ることができました。そして、自分の考えの幅を拡げることができたと思います。
なりたい自分になるために、優先順位を考えて行動する大切さを知ることができました。今一番やらなければならないことは、勉強だと思うので、ここへ入学した意味をもっと考えて過ごしていくべきだと思いました。
また、「win - winの関係で、自分も相手も良い気持ちになるには」を学び、慎重な言葉を選び、周囲との関係性を良い方向に変えていくべきだと気づきました。
これまで様々なことを授業でやりましたが、どれも「できない」と思う課題ではなかったし、自分が思う理想の人間像に近づいていると感じます。

生徒の感想⑤

入学した当初は、何事にもやる気を感じ、部活動にも勉強にも毎日必死でやっていたと思います。でも、高校生活に慣れてきたり、挫折したりすることでやる気がだんだんと落ちていきました。そんな中での「7つの習慣J®」の授業は、いつも自分を見つめ直すきっかけになってくれました。人間関係がうまく行かない時や、つらいことがあった時などは、特に助けられたように思います。
相手を理解した上でより深く相手のことを知ったり、自分ならできると励まし努力することは、自分にとってとても良い授業でした。
友人関係では、仲が良い人やそうではない人がいるのは当たり前で、その中でも上手につきあっていく事もとても大切です。自分だけでなく、相手とお互いにwin-winの関係を創り上げられるように、これからも心がけていきたいです。

生徒の感想②

私は一年を通して「7つの習慣J®」を学んだことで、客観的に自分がどう見えるか、自分がどんな考えを持っているのかが、以前よりもわかるようになったと思います。
まだはっきりと決まってはいませんが、将来の進路についてもより興味が出てきました。その進路を達成するために何が必要なのか、今のうちにできることは何か、知らないことはまだたくさんあるので積極的に調べていこうと思います。
そして、これからの自分を描いた「未来マップ」の中の大きな目標を一つ一つ達成していきたいです。私は計画を立てるのが苦手で、後になってから焦ってしまうタイプなので、小さなことでもしっかりと計画性を持って確実にこなしていきたいです。
忘れっぽい性格でもあるので、7つの習慣J®の授業で学んだことを時々振り返りながら、これからの生活に活かしていきたいです。

生徒の感想④

総合学習の中で特に印象づいていることは「自信貯金」です。
私は何かやりたくないことがあると「自信ない」と思ったり、時には口に出してしまうこともあります。なんの努力もせずに弱気になっていました。そもそも普段から頑張っていない人に、自信なんてあるわけがないと思います。中学生の頃も、テスト勉強なんてたいしてせずに「自信ないわ〜」と友だちと言い合ったりしていました。でも、それは自分で逃げ道をつくっているだけでした。
7つの習慣J®を通して、「自信は自分で作っていくもの」なんだと考えるようになりました。高校に入ってから、自分でも驚くほど勉強するようになったし、努力をすることで自信をもってテストに臨むことができるようになりました。私がこのように成長することができたのは、この学習のおかげだと思います。
将来、自分が働くようになった時、「努力」と「自信」の二つの言葉を常に意識していきたいです。今ここで努力することをやめて楽な道を歩くことに慣れてしまったら、多分社会で生きていくことは難しいと思います。高校で多くのことを学び、たくさん失敗したり経験して、心が折れない強い大人になりたいと思っています。

生徒の感想⑥

この授業を受けて感じたことは、とにかくポジティブに生活するべきだということ。人生は嬉しいこと、楽しいことよりも、辛いことや悲しいことの方が確実に多いと思います。そんな人生をネガティブに過ごしていると、ほんのわずかな幸せも見失ってしまうかもしれないということ。
「7つの習慣J®」では、周囲の人とのコミュニケーションで起こってしまう、摩擦を減らす方法や思考法を学ぶことができました。そのおかげで、中学の時よりも楽しく毎日を送ることができています。でも、また7Jの全てを実行できていないので、いつも頭の片隅に入れ、苦手意識を持っていた人とも上手に接していきながら、人とのコミュニケーションを楽しんでいきたいです。

 
 

 

私たちファシリテーターがサポートします

生徒の「やる気を継続させる力」を育てるために、専門のトレーニングを受けた「ファシリテーター」が生徒のみなさんをサポートします。「ファシリテーター」と担任のチームティーチングを通じて、勉強・部活、そして人生で成功できる習慣を身につけていくことができます。

ページトップ

学校法人 羽黒学園 羽黒高等学校

〒997-0296 山形県鶴岡市手向字薬師沢198

0235-62-2105

0235-62-2193(代表)


0235-64-0851

0235-64-0863(職員室)

© HAGURO HIGH SCHOOL

MAP